一般社団法人由利本荘医師会│秋田県│由利本荘市│にかほ市│由利本荘医師会病院│由利本荘看護学校│医師会せんがり施設

qrcode.png
http://yurihon-hospital.jp/
モバイルサイトにアクセス!
由利本荘医師会病院
〒015-0885
秋田県由利本荘市水林456-4
TEL.0184-22-0054
FAX.0184-22-6738
046273
 

栄養改善プログラム(患者様用)

 

栄養改善プログラムはじめました

栄養改善プログラムはじめました
 
食欲の低下や飲み込みが悪いなど、さまざまな原因によって低栄養状態である方を対象に、栄養改善プログラムを実施します。
 
適切な食事内容で栄養状態の改善を目指す、短期入院プログラムです。
栄養状態が改善された時点で退院となります。その際には自宅でも適切な食事を継続できるようにサポートいたします。
 
栄養について不安がございましたら、まずはかかりつけ医へご相談ください。
 

低栄養による悪循環

低栄養による悪循環
 
低栄養による悪循環
 

【外見や生活動作で低栄養をチェック】

【外見や生活動作で低栄養をチェック】
 
□食事を残すことが多くなった
□顔つきが変わった(頬がこけた、顔色が悪い、目がくぼんでいる)
□風邪をひきやすくなった
□傷や床ずれが治りにくくなった
□握力が弱くなった
□しばしば「疲れる」ようになった
□歩幅が狭くなってきた
□歩く速度が遅くなってきた
□転びやすくなった
 
チェック☑が1つでもつけば低栄養の可能性があります。
 
【低栄養の指標】
BMI 18.5以下
(※20以下で低栄養リスク)
 
BMI=体重(kg)÷身長(cm)÷身長(cm)×10000
 
血清アルブミン値 3.5g/dL以下
(※3.8g/dL以下で低栄養リスク)
 
血液検査によって判定。
約3週間前の栄養状態を反映する。
 

栄養改善プログラム内容

栄養改善プログラム内容
 
入院当日
〇身体計測・血液検査
〇食事に関する聞き取り(本人または親族)
例)・自宅での食事状況はどうか
  ・食べる量が減ったきっかけ
  ・好きな/嫌いな食べ物・食べやすい/食べにくい食べ物
  ・疾患に伴う治療食や制限食はあるか
 
 
入院
期間中
〇個人に適した食事内容の実施
 一緒に栄養が取れる方法を考えましょう!
◆食べる量が増えない...  ⇒ ⇒ 栄養補助食品を使用する
 
◆食べづらい・飲み込みづらい ⇒ ⇒ 適した食形態を考える
 
※患者様の情報は、担当栄養士からかかりつけ医へ定期的に報告します。
 
 
栄養状態が改善 … 退院準備へ
 
 
退院時
〇栄養食事指導の実施
自宅に帰ってから再び栄養不足にならないために
個人の状況に合わせた栄養食事指導を行います。
 
入院時に聞き取りした情報をもとに
個人にあわせた栄養が取れる食事の工夫
をお伝えします!
 
※入院から退院までの患者様の情報は、かかりつけ医へ報告します。
 
 
 
退院後
*退院後の食事に関するご相談について
 当院へ外来受診が可能であれば、外来で栄養相談をお受けします。
 退院後の食事についてもお気軽にご相談ください!
 外来受診できない場合でも、お気軽に電話でご相談ください。
由利本荘医師会病院 栄養科(直通) 0184-22-8587
<<由利本荘医師会病院>> 〒015-0885 秋田県由利本荘市水林456-4 TEL:0184-22-0054 FAX:0184-22-6738